平賀淳(山岳カメラマン)wikiプロフィールと結婚(嫁)や高校・大学

スポンサーリンク

登山家の野口健さんが20日、自身のSNSを更新し、山岳カメラマンの平賀淳さんが米アラスカ州の山で滑落し、亡くなったことを報告しました。

日本山岳カメラマンの第一人者だった平賀淳さんのプロフィールについてまとめていきます。

スポンサーリンク

平賀淳(山岳カメラマン)のwikiプロフィールと高校・大学

平賀淳さんは1978年9月13日生まれの43歳。

山梨県出身で現在は神奈川県川崎市に在住。

学歴は韮崎高校→日本映画学校ドキュメンタリー科卒となっています。

韮崎高校山岳部時代は、平成8年インターハイ登山競技で全国優勝を主将として経験し登山活動を開始。進学は、映像や写真へのより強い興味から日本映画学校に進学しドキュメンタリー科を専攻、映像、写真のイロハを学んだ。

20歳の時に、アドベンチャーレースという競技に出会い、南米エクアドル大会やニュージーランド大会、中国大会に出場。

2003年頃から、世界中の秘境や大自然を舞台に撮影活動を開始。

ヒマラヤ山域を撮影し、

2007年に、野口健氏のエベレスト登山に帯同しエベレスト登頂に成功。

その後もアラスカ、パタゴニア、アジア、中東、アフリカと地球や極地を舞台に撮影活動を続けていました。

日本における山岳カメラマン、山岳地帯を記録に残すパイオニアとして知られていました。

こちらの動画の構成は平賀淳さんが担当されています。

平賀淳(山岳カメラマン)の結婚(嫁)

平賀淳さんのブログを確認したところ、『嫁を起こすと激怒されるため』と深夜に物音を立てずに雪山の準備する様子が綴られていました。

黒海(ブラック・シー)とホワイト八ケ岳
黒海。 トルコはイスタンブールの北に位置する巨大な黒海を己の目でみた。 とにかく、でかい。 黒海はイスタンブールのよい思い出です。 今、深夜に、物音を立てずに(嫁を起こすと激怒されるため)雪山の準備をしている。 地図は?携帯の予備バッテリーは?アウトドア用携帯の防水携帯を充電しデジカメのバッテリーやビデオカメラの...

2009年には既に結婚されており、2011年2月28日に長男が誕生したと投稿されていました。

別のブログでは2007年に「平賀淳結婚披露宴」と題した記事がありました。

カメラマンの平賀淳さんと同姓同名の別人かもしれませんが、同一人物であれば、2007年頃に結婚していたことになります。

 

事故概要

アメリカ国立公園局によりますと、17日、デナリ国立公園にある山「ハンター」で平賀淳さんがクレパスに滑落。

標高2400メートル付近で足元の氷が崩れ、落下してしまったそうです。

一緒に登っていたチームメイトの要請をうけ、国立公園局の職員が男性の救助に向かいましたが、大量の雪と氷に阻まれ断念。

現場の状況から「死亡したと推定される」と発表されていましたが、

5月20日になって、平賀さんの”遺体”が収容されたと野口さんが報告しました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました