彦田嘉之容疑者の顔画像|勤務先(会社)やポルシェの車種や運転映像

事件・事故
スポンサーリンク

神奈川県川崎市の首都高速・湾岸線で40代の男性が運転する高級外車ポルシェが車に追突する事故あり、2人の男女が亡くなりました。

 

追突された車に乗っていた2人は病院に運ばれ意識不明の重体でしたが、2人とも亡くなられました。

 

逮捕されたのはポルシェを運転していた会社役員の彦田嘉之容疑者です。

 

逮捕された彦田嘉之容疑者のポルシェの車種や値段、顔画像や自宅・勤務先、運転映像について調べていきます。

スポンサーリンク

事故の概要

2日朝、川崎市の首都高速湾岸線でポルシェと乗用車が衝突した事故で、乗用車の2人が搬送先の病院で死亡しました。

午前8時15分ごろ、首都高速湾岸線で乗用車2台が衝突し、片方の車に乗っていた女性1人が路上に投げ出されました。警察によりますと、この女性と女性が乗っていた車を運転していた男性の2人が搬送先の病院で死亡しました。警察はポルシェを運転していた会社役員の彦田嘉之容疑者(50)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。彦田容疑者は警察に対し「スピードを出しすぎちゃった」「100キロ以上出していたのは間違いない」と話しています。警察は彦田容疑者の車が追突したとみて調べています。

引用元:Yahooニュース

追記

亡くなられた方の身元が判明しました。

この事故で、国産車を運転していた東京・江戸川区の内山仁さん(70)と妻の美由紀さん(63)が病院に運ばれましたが、2人とも死亡が確認されました。

引用元:Yahooニュース

追突で女性が外に投げだされたとあり、シートベルトをしていなかったのかネットで議論されていますが、着用していたか報道されていません。

 

過去にもシートベルトをしていても、体が外に投げ出された事故があります。

 

小柄な女性や着座姿勢の悪いお年寄りは体がシートベルトから抜けやすいそうです。

 

投げだされた女性は63歳と高齢で小柄な方で抜けてしまったのかもしれません。

 

また衝突の衝撃で、シートベルト取り付け部分のあるBピラー自体がやられて、投げ出されるケースもあるそうです。

 

高速道路なのでシートベルトは着用していたと思います。

 

どちらにせよスピード超過で追突したポルシェが悪いですね。

 

 

彦田嘉之容疑者の顔画像

逮捕時の画像が公開されました。

画像を見てもいい大人ですよね。本当に「(スピード)出しすぎちゃった」と子供じみた発言をしたのでしょうか?

勤務先の社名は彦田メンテナンス(彦田商事)ではないかと言われていますが、確証はありません。

しかし、彦田容疑者は親族とともにガソリンスタンドの経営に携わっていたのは確かなようです。

現時点で判明している情報は以下の通りです。

名前:彦田嘉之(ひこた よしゆき)
年齢:50歳
職業:会社役員 親族でガソリンスタンド経営
家族:息子、弟がいる
住所:東京都江戸川区南葛西

 

彦田嘉之容疑者が乗っていたポルシェには息子が同乗しており、打撲の怪我を負っています。

この事故に対して「(スピード)出しすぎちゃった」「100キロ以上出していたのは間違いない」と発言しています。

 

「出しすぎちゃった」は子供の言い訳に聞こえますね。

ネットでも2人亡くなっているのに、このコメントはふざけていると非難されています。

 

実際どのような状況で発言したか分からず、メディアが都合よく切り取った発言かもしれません。

 

もし彦田嘉之容疑者が本当にこのように発言したのなら許せませんね。

 

亡くなられた2人の遺族の方もやり切れません。

 

彦田容疑者も自分の息子が乗っているのに100キロ以上も出すとは信じられません。

 

自分の家族も危険に晒していると考えなかったのでしょうか。

 

追記

彦田容疑者のが今回の事故に対して取材を受けました。

容疑者の弟「本人普段は安全運転」
今回の死亡事故を受けて容疑者の親族が苦しい胸の内を明らかにした。

容疑者の弟:
兄は週末ポルシェに乗り、スポーツカーが集まる大黒ふ頭に行っていたので昨日もそこへ向かっていたのだと思います。普段から気が荒い性格ではなく安全運転する方でした

引用元:ライブドアニュース

普段から安全運転をする方と答えていますが、警察の調べで、追突前のブレーキ痕がなかったことなどから、警察は内山さんの車を追い越そうとして追突したとみています。

 

どうやら自分の運転技術を過信し過ぎたようですね。

 

普段は国産の車に乗っているらしく、ポルシェに乗って気が大きくなっていたかもしれませんね。

彦田嘉之は地主?

江戸川区で彦田というと不動産を何棟も所有している大地主と話題になっています。

今回の事故を起こした彦田さんがこの地主の一族かはまだ確定していませんが、高級車ポルシェを所有していることから可能性はありますね。

週刊文春 最新号:8月13・20日合併号 (2020年08月06日発売)で彦田容疑者が地主一家のボンボンであることが取材で明らかになりました

ポルシェの車種や値段

事故現場の画像からポルシェ 911GT2 RS PDK(オレンジ)だと思われます。

追突された車の後ろが、かなり潰されていることから、スピードが出ていたことが分かります。

ポルシェの詳細はこちらから

ポルシェ911 GT2 RS:静止状態から時速100kmまで2.8秒で加速。最高速度は時速340kmに達する。700馬力の後輪駆動という超ド級のスペック。

 

完全にレース用の車です。事故当時は首都高でレースでもしているつもりだったのでしょうか?

 

値段は4400万円とかなり高い値段です。

会社役員なので、裕福な暮らしをしていたようです。

 

社会的地位もあり、家族もいるのに、なぜ首都高をスポーツカーで法令違反のスピードで運転したのでしょうか?

 

同乗していた息子さんに良い所を見せたかったのでしょうか?普段からスピードを出す走り屋だったのでしょうか?

 

スピード出して走りたいなら、サーキットを利用すればよかったはずです。

 

日本では自分の愛車で走れるサービスを実施しているサーキットがいくつかあります。

 

お金もあるようなので、サーキットで走って他人に迷惑をかけないで欲しかったです。

実際に運転している映像?

実際に運転しいると思われる映像もありました。

事故現場の画像と見比べても似ていますね。

どちらの画像もフロントナンバーも無いので彦田容疑者の車の可能性があります。

4000万円もする高級車なため所有している人も少ないですからね。

世間の反応

まとめ

8月2日午前に起こった首都高速湾岸線の事故についてまとめました。

何も分からずに亡くなられた2人が無念で仕方ありません。

首都高ではスピードを出しすぎる車がよく見られます。

重大な事故につながるので、法定速度は守りましょう。

 

亡くなられた2人のご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました