服部恭太の福岡のコールセンター(会社名)はどこ?彼女の顔画像

スポンサーリンク

京王線刺傷事件の犯人、服部恭太が働いていた勤務先について、詳細が報じられました。

服部恭太は仕事関係でトラブルになり、会社を辞め、友人関係も上手くいかなくなったことにより、

自暴自棄になり犯行に至りました。

服部恭太はいったいどこで働いていたのか、トラブルは何があったのか調査していきます。

スポンサーリンク

服部恭太の元勤務先は福岡市のコールセンター

服部恭太は出身は福岡市で、今年の6月頃までは福岡で働いていたことが判明しています。

そして、福岡市で携帯電話関連のオペレーターとして働いていたことが、FNNにより報じられました。

2021年5月ごろ、顧客からクレームが来たことがきっかけで退職を申し出たそうです。

読売新聞では、

服部容疑者は約3年前から福岡市にある大手携帯電話会社の関連会社のコールセンターで、通信機材の営業販売を担当していたと報じています。

契約社員として働いており、

今年5月に顧客からクレームを受け、会社から配置転換を打診されますが、

翌月会社を辞めたそうです。

会社から配置転換を打診され、不満を募らせてしまったみたいですね。

 

コールセンターが職場で、服部恭太は通信機材の営業販売を担当しいたということは、確かにストレスが溜まりやすい環境ではあったのかもしれません。

 

自分もコルセンで働いてたけど、受電専門だからまだよかった。発信、営業となると更に大変だっただろう。向かない人もたくさんいる、別の道を探せばいいだけの話。

 

「通信機材の営業販売を担当していた」ということだから一般の客相手ではないね。まあ、めんどくさいのは変わりないけど。でも、そこで客にキレて配置転換になったとしたらすでにそーとー鬱憤は溜まっていたんだろうね。

服部恭太の福岡のコールセンター(会社名)はどこ?

服部恭太の元勤務先は、

・福岡市にあるコールセンター
・大手携帯電話会社の関連会社
・通信機材の営業販売も行っている

 

このようになっています。

大手携帯電話会社というとドコモ・au・ソフトバンクになりますね。

ドコモ・au・ソフトバンクのグループ会社が運営するコールセンターはどれも福岡市にあります。

求人情報から確認したところ、福岡市内で通信機材の営業販売を行っているコールセンターはそれほど多くないみたいですが、特定には至りませんでした。

爆サイなどの掲示板でも服部恭太の元勤務先について、有力な情報は現時点ではありませんでしたが、

候補となる会社はそれほど多くないため、いずれ特定されると思います。

スポンサーリンク

服部恭太の仕事歴と彼女の顔画像

これまでの報道により、服部恭太は高校卒業後は大学に進学せずに、

介護関係の仕事に就いています。

そして、4年以上前に福岡市天神のマンガ喫茶で働いていたことも判明しています。

・高校卒業後に介護関係の仕事に就く(2016年頃?)
・2017年頃からは漫画喫茶で働く。

 

漫画喫茶で働いていたころは、真面目な勤務態度で店長や他のスタッフからも評判はよかったのですが、

当時交際していた彼女と別れてから様子がおかしくなります。

元同僚の話だと、「元気がない、病んでいるような様子で、別の同僚も心配していました」と周りから心配されるほど、落ち込んでいたそうです。

恋人と別れた後に服部容疑者は盗撮事件を起こし、漫画喫茶を辞めます。

 

「マンガ喫茶に来たお客さんを盗撮したらしいんです。それがバレて、警察にも連れていかれました。おそらく示談になったはずですが、お店はクビになりました。それまでの印象は良かったのですが、仕事の終わり方が良くなかった」

 

 

彼女と別れたことがきっかけで心を病んでしまったのかもしれませんね。

そして、仕事のトラブルに、友人関係も上手くいかなくなり、死刑になるために犯行に及んだということでしょうか。

服部恭太が当時交際していたと思われる女性は、服部恭太のfacebookアカウントから確認できます。

 

現在、アカウントは削除されていますが、

ネット上では服部恭太と彼女のツーショット画像が流出しています。

彼女は事件に関係ないため、素顔は伏せます。

ご容赦ください。

タイトルとURLをコピーしました