服部恭太の生い立ち(中学・高校)や恋人(彼女)の顔や盗撮|仕事は介護で陸上部?

スポンサーリンク

10月31日に起きた京王線刺傷事件。

殺人未遂で容疑で服部恭太容疑者(24)が現行犯で逮捕されました。

事件から一夜明け、徐々に事件の詳細や、逮捕された服部恭太の生い立ちや経歴が明らかになっています。

そこで今回は『服部恭太の生い立ち(中学・高校)や恋人(彼女)の顔や盗撮|仕事は介護で陸上部?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

京王線刺傷事件まとめ・概要

世間を震撼させた京王線刺傷事件は10月31日20時頃に起きました。

京王線の八王子発新宿行きの特急(10両編成)内で、服部恭太が男が油のような液体をまいて放火。

さらに刃物を振り回し、男女17人がケガを負いました。

このうち、70代の男性が右胸を刺され、意識不明の重体に。

現在、一命は取り留めたそうですが、意識は戻らず、危険な状態とのことです。

服部恭太容疑者は今年8月に起きた小田急線刺傷事件を参考にして犯行に及んだと供述。

犯行動機も「人を殺して死刑になりたかった」と身勝手極まりないものでした。

出身は福岡市で小田急線刺傷事件を見て犯行を決断:犯行当日の足取り

服部恭太の出身は福岡市で、

今年の7月に上京したばかりであったと報じられています。

上京した理由は不明ですが、福岡を出て神戸や名古屋を転々とし、8月に小田急線の襲撃事件が起きて電車内での犯行を決断します。

 

上京してからは八王子駅近くのホテルに滞在し、ハロウィーンの日に犯行に及ぶことを決めたうえで、何度も渋谷を訪れていたことが判明し、計画的な犯行だったことが判明します。

人を殺すジョーカーにあこがれていたと話し、犯行の勝負服として「ジョーカーの服」を用意。

さらに、小田急の事件では、サラダ油で火がつかなかったことを参考にライターオイルを用意します

 

犯行準備を整えた服部恭太の犯行当日の足取りは、以下のようになっています。

・服部容疑者は犯行前の午後5時ごろ、京王八王子駅から電車に乗り、午後6時ごろ、渋谷駅で下車

・渋谷には「ハロウィーンの様子を見たかった」と供述。

・30分ほど、渋谷に滞在した服部容疑者は午後6時40分ごろに再び渋谷駅から電車に乗車

・調布駅で下車し、逆方向の新宿行きの特急電車に乗り換えて、国領駅の手前で犯行に及ぶ

 

服部容疑者は「人を殺せなくて悔しい。計画通りいかなくて悔しい」と供述。

どうしようもない奴です。

服部恭太の生い立ち(中学・高校)

服部容疑者は少年時代、福岡市博多区の団地で暮らしていました。

服部容疑者を知る高齢女性は、「高校生くらいまでは姿を見たが、普通の子だった。事件を起こしたと聞いてびっくりしている」と話しています。

実家は福岡市博多区の団地だったみたいです。

服部恭太は中学時代は陸上部に所属し、砲丸投げの選手でした。

小中学校で同じクラスだった知人の話だと、

「性格はおとなしくあまり目立たない存在で、福岡県内の公立高校に進学してからは連絡が途絶えがちになったということです。」

高校は福岡県内の公立校に進学し、

高校では空手部に所属し、空手部主将を務めていました。

 

小中学校の同級生の多くが容疑者と最後に顔を合わせたのは4年前の成人式で、この時は特に変わった様子はなかったそうです。

文春オンラインの記事によると、服部恭太は大学には通っていなかったそうです。

「服部恭太 中学 砲丸投げ」などのワードで検索しましたが、中学校を特定することは出来ませんでした。

高校については、文春オンラインに

高校時代の服部容疑者の制服姿が掲載されており、いずれ特定されると思います。

スポンサーリンク

服部恭太の仕事(職業)は漫画喫茶と介護

服部恭太の知人や元同僚によると、

服部恭太は福岡市天神のマンガ喫茶で働いていたそうです。

元同僚が一緒に働いていたのは4年以上前のことで、服部恭太が20歳くらいの頃。

この元同僚が服部容疑者が大学には通っていなかったと証言しています。

服部恭太の勤務態度は真面目で、店長や他のスタッフからも気に入られていました。

漫画『ワンピース』が好で、LINEのアイコンもワンピースのキャラが多かったそうです。

当時は見た目は黒髪だったそうです。

他にも、服部恭太の知人は、

「数年前に会った時は『介護の仕事をしている』」

とも話しています。

以上の事から、服部恭太は介護と漫画喫茶で働いていたことが判明しています。

しかし、服部恭太が現在どのような仕事をしていたのかは不明でした。

服部恭太は「今年6月ごろに仕事で失敗し、友人関係もうまくいかず、死にたかった。自分では死ねないので、2人以上殺して死刑になりたかった」と供述しているので、今年の6月までは何らかの仕事をしていたことは確定しています。

介護の仕事を続けていたのでしょうか?

何か新しい情報が判明次第追記します。

スポンサーリンク

恋人(彼女)の顔画像や盗撮

文春オンラインの記事で、服部恭太の元同僚が4年以上前に漫画喫茶で働いていたと証言していますが、

他にも気になることを話していました。

「当時、彼には仲のいい彼女がいました。どちらも目立たない、地味なカップルという感じでしたが、彼女のことがすごく好きだった。硬派ぶっていたのか、グラビアや女優には興味がない、という感じでしたね。でもある時その彼女と別れてしまったんです。それからはちょっと変というか、元気がない、病んでいるような様子で、別の同僚も心配していました」

服部恭太が漫画喫茶で働いていた時期に彼女と別れたそうです。

恋人との破局後に服部恭太が「盗撮事件」起こしていたと証言。

「マンガ喫茶に来たお客さんを盗撮したらしいんです。それがバレて、警察にも連れていかれました。おそらく示談になったはずですが、お店はクビになりました。それまでの印象は良かったのですが、仕事の終わり方が良くなかった」

4年前にも仕事で失敗をしていたみたいです。

失敗というよりは、自業自得の犯罪ですが。

もしかしたら今年6月の仕事の失敗も自分勝手なものだったのかもしれません。

当時、服部恭太が交際していた彼女ですが、実は服部恭太のものと思われるfacebookアカウントが特定されており、恋人らしき女性の画像も投稿されていました。

 

該当のfacebookアカウント名は『服部恭太』で福岡市在住とあります。

ネット上では服部恭太容疑者のfacebookアカウントではないかと噂になっています。

逮捕井された服部恭太とよく似た人物と恋人らしき女性とのツーショット画像(2017年)が確認できました。

ただし、該当のfacebookアカウントが服部容疑者のものと断定はできていません。

該当のfacebookには投稿やプロフィールの記載、友達アカウントがほとんどありませんでした。

そのため、アカウントの掲載は控えます。

ご容赦ください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました