服部恭太の仕事や出身・自宅は福岡市?facebookや生い立ち・経歴

スポンサーリンク

10月31日、京王線の車内で乗客が切りつけられるなどして17人がけがをした事件で、殺人未遂容疑で服部恭太が逮捕されました。

今年8月に起きた小田急線刺傷事件を参考にしたと供述しています。

そして、服部恭太容疑者は今回の事件を起こすために上京していたことが判明しました。

そこで今回は『服部恭太の仕事や出身・実家は福岡?facebookや生い立ち・経歴』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

服部恭太の仕事や出身・実家は福岡?

逮捕された服部恭太容疑者(24)は職業不詳・無職と各メディアは伝えています。

現在、仕事をしていたかは不明ですが、今年の6月までは働いていたことが判明しました。

服部容疑者は福岡市の出身ということが報じられ、6月までは福岡で働いていたそうです。

しかし、仕事に失敗ていたと供述。

「今年6月ごろに仕事で失敗し、友人関係もうまくいかず、死にたかった。自分では死ねないので、2人以上殺して死刑になりたかった」

そして、「人を殺すジョーカーにあこがれていた。犯行の勝負服として購入した」とも供述しています。

服部恭太は犯行当時ジョーカーの仮装をしていました。

服部恭太がどんな仕事をしていたのかは分かりませんが、死にたいと感じるほどの失敗をしたとなると、現在は仕事を辞めていた可能性が高そうです。

また、服部恭太が住んでいた実家や自宅の詳細は現時点では不明でした。

詳細が判明次第、追記します。

スポンサーリンク

服部恭太のfacebook

服部恭太の仕事や実家・自宅を特定するために、

服部恭太のfacebookアカウントを調査しました。

調査の結果、同姓同名の福岡市在住のアカウントがありました。

該当のfacebookアカウントは顔画像が投稿されており、

逮捕された服部恭太と顔は似ていました。

しかし、投稿がほとんどなく、プロフィールも福岡県在住としかありませんでした。

そのため、逮捕された服部恭太容疑者と同一人物と断定することはできず、自宅や仕事も何をしているのも不明でした。

スポンサーリンク

服部恭太の生い立ち・経歴

服部恭太は、

「人を殺して死刑になりたかった」

「小田急線の事件を参考にした」

「小田急の事件では、サラダ油で火がつかなかったからだ」

と供述していることから、

小田急刺傷事件の犯人である対馬悠介と同じような生い立ちだったかもしれません。

 

対馬悠介の出身は青森県ですが、

幼い頃に、母親の実家があった世田谷区に移り住んでいます。

このことから母子家庭だった可能性があります。

高校時代までは周囲からの評判もよく、友達も多かったそうですが、

大学時代から対馬悠介の人生が、よくない方向へ大きく変わっていきます。

大学ではテニスサークルに所属。

知人の話だと優しい人物だったそうですが、

大学を卒業せずに中退します。

知人男性は「中退後、人柄が変わったようだと人づてに聞いたが、まさかこんな事件で逮捕されてしまうとは」と変わりようにビックリしています。

 

逮捕後には警察の調べに対して、「俺はくそみたいな人生。幸せそうな人生を送る女性を見ると殺してやりたいと思うようになった」と供述しています。

そして、対馬悠介は事件を起こす数年前に自殺をしようと牛刀を購入。

結局、自殺することができずに、自殺のために購入した牛刀で今年8月に小田急線刺傷事件を起こしています。

服部容疑者も仕事の失敗や友人関係が上手くいかず、絶望して犯行に及んでいます。

服部恭太と対馬悠介の2人の環境・背景はかなり似ています。

まだ、服部恭太の詳しい生い立ち・経歴は不明ですが、服部恭太も自殺しようとしたことがあったのかもしれません。

自殺出来ずに、死刑になるために犯行に及んだのかもしれませんね・・・

服部恭太はジョーカーに憧れがあった

服部恭太容疑者は今年8月の小田急線刺傷事件を参考にし、入念に犯行計画を立てていた可能性が浮上しています。

 

服部容疑者は東京都調布市を走行していた京王線特急内で事件を起しましたが、

「駅と駅の間の走行時間が長く、犯行に適していた。(8月に発生した)小田急線の刺傷事件を参考にした」

「小田急の事件では、サラダ油で火がつかなかったからだ。ライターオイルを使用した」

と供述。

 

さらに「人を殺すジョーカーにあこがれていた。犯行の勝負服として購入した」と、

今回の犯行のためにジョーカーの服を購入していたことが判明しました。

 

東京には今年の7月に上京していたそうです。

上京した理由が犯行の為だったのかは現時点では不明です。

 

服部容疑者は事件当時、ハロウィンでにぎわう渋谷駅周辺を30分ほど歩いていたことも判明。

10月31日午後8時ごろ、調布駅を出て明大前駅に向かっていた京王八王子発新宿行き特急社内で、

座席に座っていた男性を刺したあと、逃げる乗客を追いかけるように刃物を持って車両を移動。

その後、ライター用のオイルをまいて火をつけた疑いが持たれています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました