阪神近本サイン盗み疑惑の動画|阪神ベンチの怒声がヤバイ

スポンサーリンク

7月6日のヤクルト―阪神戦(神宮)で両軍が一触即発となる場面がありました。

一触即発のきっかけとなったのは阪神が4点をリードして迎えた5回二死一、二塁の場面。

打席に佐藤輝を迎えた場面で、三塁を守るヤクルト・村上が審判団にアピールします。

二塁走者の近本選手が、リードをしながら左手を動かした仕草が、何らかの伝達行為にあたるのでは、とのアピールでした。

そこで今回は『阪神近本サイン盗み疑惑の動画|阪神ベンチの怒声がヤバイ』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

阪神近本サイン盗み疑惑の動画

二塁走者・近本の左手が、何度も水平方向に動いていたことをヤクルトの三塁手・村上とベンチが『サイン盗み』ではないかと指摘します。

阪神ベンチからは「ゴチャゴチャ言うなや! 絶対やってへんわ! ボケ! アホ!」との怒声が飛び、矢野監督と高津監督が一触即発の雰囲気になりながら押し問答をする事態に発展しました。

疑いを掛けられたことに怒る矢野監督に対して、審判が、紛らわしいことをしたのは阪神側となだめる形で、約1分の話し合いを審判が引き離して試合が再開されます。

サイン盗み疑惑ですが、次のようにネットニュースに書かれていました。

近本は出塁時にリードする際、帰塁への距離を測るために左手を伸ばたりする動作をする癖があり、これまで何度も見られた動作。村上が過敏に反応した可能性がある

どうらや近本選手の癖でサイン盗みではないとのこと。

阪神:矢野燿大監督も近本の伝達疑惑を真っ向から否定しています。

ただ、近本選手の動きが誤解を招いたことについては、今後の改善点にすることを強調しています。

矢野監督:「向こう側からすれば、そういうふうに見えた部分もあったんじゃないかというのは、コーチ陣の間では確認できたので。やっぱりそういうふうに思われること自体、もったいないんで、こっちも改善しないと駄目な部分があったのかもしれない。ズルをして、優勝したとしても俺は喜べない」

阪神ベンチの怒声がヤバイ【動画】

サイン盗みというあらぬ疑いをかけられた阪神のベンチが村上選手に怒声を浴びせています。

阪神ベンチからは「ゴチャゴチャ言うなや! 絶対やってへんわ! ボケ! アホ!」との怒声が聞こえますね。

この阪神ベンチからの怒声については否定的な意見が多いです。

近本選手が癖とはいえ二塁上で変な動きをしていたのは事実。

阪神側はサイン盗みはしていないと冷静に説明すればよかったと思います。

世間の反応

癖だとしても2塁でやるのは止めるべき
見てる方は癖なのか故意かなんて分かんないんだから、露骨な動きしてて見逃すわけにもいかないでしょそりゃ
ほんとにやってる時に癖だと言い張られる可能性だってあるんだし

 

まぁ変な動きをしたのは事実で、誤解されるまでは仕方ない。
でもやってないのなら、冷静にそれを説明すれば良い。何故阪神側も熱くなるのか…

 

大声で抗議を遮ろうとするのはやましいからとしか思えない。もっと紳士的にやりましょう。抗議されても大人の対応お願いします。

 

怪しい動きをした事に対しての抗議なんだから阪神側が冷静に反論すべきじゃないですかね?

 

タイトルとURLをコピーしました