ギヨーム・ルノー のwiki経歴・顔画像|日本オーチスとは?【FSWで事故死】

事件・事故
スポンサーリンク

8月14日の午後に静岡県小山町の富士スピードウェイでギヨーム・ルノーさんが運転するスポーツカーが事故を起こして、ギヨーム・ルノーさんが亡くなってしまいました。

ギヨーム・ルノーさんは「日本オーチス・エレベータ」の社長です。

おそらく趣味・レジャーでスポーツカーを走らせていたようですが、残念な結果となってしまいました。

 

多くの方がギヨーム・ルノーさんや「日本オーチス・エレベータ」について詳しくないとの思うので、

今回はギヨーム・ルノーさんの顔画像・wiki経歴、事故現場や日本オーチスについてまとめていきます。

スポンサーリンク

事件概要

14日午後2時過ぎ、静岡県小山町の富士スピードウェイ(FSW)で、「日本オーチス・エレベータ」(東京都)の社長でフランス国籍ギヨーム・ルノーさん(49)運転のスポーツカーがコースを外れ、タイヤの壁に衝突した。ルノーさんは全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。

FSWによると、ルノーさんは練習走行中だったという。県警御殿場署が事故原因を調べている。

引用元:Yahooニュース

先日はバイクレースでロードレーサの岩崎哲郎さんが転倒して後続車に轢かれて亡くなられる事故がありました。

岩崎哲朗wiki経歴・顔画像|結婚や子供は?事故現場はどこ?
岩崎哲朗のwiki経歴・顔画像、結婚や子供、事故現場についてまとめていきます。宮城県村田町内のレーシングコースで、レース中にバイクが転倒し、運転していた岩崎哲朗が後続車にはねられ、亡くなられました

 

 

やはりスポーツカー、レーシングバイクはどんなにルールを守って安全を徹底しても命を落とすリスクがありますね。

レジャーそのものにもリスクがありますからね。今年の夏も水難事故が多く、命を落とされている方が多くいます。

油断せずに気をつけないといけないですね。

 

事故原因は調査中ですが、事故当日現場にいた人がネットでコメントしていました。

かなりのスピードで1コーナーへ突っ込み、曲がり切れず左側面からタイヤバリアへクラッシュ。左ハンドルのため、かなりの衝撃を受けたと思われます。クラッシュの瞬間を見ていた人によるとやはりブレーキ抜けのようです。クルマはウラカンで外装色の特徴からアヴィオという限定車と思われます。自分もこのS-4枠を走っており、事故はセッション後半に起きました。

ブレーキ抜け(ブレーキが効かなくなる現象)が原因のようですね。

なぜブレーキ抜けが起きたかはこれから調査されるようですが、ルノーさんは周回数を重ねていたようなので、車に負担がかかって、ブレーキ抜けが起きたかもしれません。

事故現場は富士スピードウェイ(FSW)

静岡県小山町にある「富士スピードウェイ(FSW)」で事故が起こりました。

ルノーさんは練習走行中に事故が起こりました。

通常サーキット関連のスポーツ走行や公認レースの練習走行での死亡事故は珍しいです

ちゃんとルールが決められており、安全に徹するようにしているからです。

しかし、それでも事故が起きるときは起きるという残念な結果になってしまいました。

サーキットに限らず、一般の車道、レジャーでも事故は起きてしまいますからね。

100%の安全はありません。

ギヨーム・ルノー のwiki経歴・顔画像

本名:ギヨーム・ルノー(Guillaume Renaud)
年齢:1970年生まれ 50歳
出身:カメルーン
国籍:フランス

 

2004年にUTC クライメート・コントロールズ・アンド・セキュリティ(CCS)に入社。

2016年にオーチス・エレベーター・カンパニーのフランス法人(オーチス・フランス)へ異動

2017年10月13日に日本オーチスの代表取締役社長に就任。

大企業の社長という役職についているだけあって、かなりのエリートで優秀な方でした。

 

社員の方もこんな形でルノー社長を失うとは思ってもいなかったでしょう。

日本オーチス・エレベータとは

「日本オーチス・エレベータ」はエレベータ・エスカレータメーカーです。

アメリカの複合企業体、ユナイテッド・テクノロジーズの完全子会社であるオーチス・エレベータの日本法人です。

 

代表者: 代表取締役社長 : ギヨーム・ ルノー
従業員数: 2,329名
資本金: 43億6,442万5千円
本社所在地: 〒 113-0021  東京都文京区本駒込二丁目28-8 文京グリーンコート23階

 

事業内容: 【1932年創業・外資系エレベーターメーカー】

(1) エレベーターエスカレーター、その他の昇降機並びにこれらに関する諸機械及び諸材料の製造、 販売、取付、保守、修理及び点検

(2) 各種ビル設備の監視制御並びにビル管理

(3) 建築物の設計、施工、監理及び建築関連手続きの申請

(4) 前各号に附帯又は関連する一切の業務

 

エレベーター、エスカレーターの製造だけでなく、保守、修理、点検などメンテナンスもしています。

 

2019年エレベーター市場シェアはオーチス・エレベータが世界一位となっています。

日本国内のエレベーター市場シェアになると三菱電機、日立製鉄所が強いですが、それでも日本オーチス・エレベータが5位以内には入っています。

まとめ

ギヨーム・ルノー のwiki経歴・顔画像、事故現場や日本オーチスについてまとめました。

今回の事故で本当に優秀な、社会に必要とされる人が亡くなってしまいました。

ギヨーム・ルノー さんは紳士的な方で、多くの方に慕われていたようです。

企業の社長となる自分でサーキットで走る人も多いです。

自分の為にも社員の方のためにも安全を徹底して気を付けて欲しいですね。

ギヨーム・ルノーさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました