野口麻美の顔画像やケーキ店を特定!元交際相手の名前や職業は?

事件・事故
スポンサーリンク

東京・中野区のマンションで、38歳の女性が血を流して死亡しているのが見つかりました。

亡くなったのは野口麻美さんです。

また、およそ3キロ離れた別のマンションの敷地内で元交際相手の34歳の男が死亡しているのが分かりました。

元交際相手の男が野口麻美さんを殺害したあとに自殺したと考えられます。

野口麻美の顔画像やケーキ店がどこなのか、元交際相手の名前や職業についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事件概要

東京・中野区のアパートで、38歳の女性が遺体で見つかった。

遺体には、刺されたような傷があり、警視庁は、殺人事件とみて調べている。

30日午前10時ごろ、中野区白鷺のアパートで、住人の野口麻美さん(38)が死亡しているのを親族が見つけ、110番通報した。

遺体は血まみれで、刺されたような傷があったという。

また、午前6時ごろ、現場から2km離れたマンションの敷地内で、野口さんの元交際相手の男性の遺体が見つかった。

自殺とみられている。

男性は2019年、野口さんに対する傷害などの疑いで書類送検されていて、警視庁は、トラブルがなかったか、慎重に調べている。

Yahooニュース

野口麻美さんと元交際相手の男は以前は同じスイーツ店に勤務しており、2016年から交際がスタートしたみたいです。

しかし、元交際相手は2019年8月に顔を殴って怪我させて傷害の容疑で書類送検されています。

2019年11月には野口さんが勤務する渋谷区内のケーキ店を訪れ、その後、つきまとい行為をやめるよう警視庁から警告を受けていました。

 

元交際相手の男性が野口さんに執着していたみたいですね。別れてからも付きまとっていたみたいです。

それにしてもどうして男は執着するんでしょうね?もう嫌われたんなら諦めるしかないんですけどね。

言い方が悪くなりますが自殺するなら一人で自死して欲しいです。人を殺しておいて責任とらずに自殺するなよと言いたいですね。

野口麻美さんが亡くなったのはロイヤル銀喜マンション

ロイヤル銀喜マンションと特定されました。

賃貸料は7万円~16万円のマンションです。

このマンションで野口麻美さんが亡くなりました。

「姉が出血して冷たくなっている」と部屋を訪れた30代の弟から119番通報があったみたいです。

 

こちらが野口麻美さん顔画像です。美人な女性ですね。

美人パティシエとして勤務するケーキ店では常連さんから好評だったみたいです。

 

元交際相手の男は30日未明に野口麻美さんが勤務するケーキ店のインスタグラムに野口さんを非難し、自殺を予告していたみたいです。

報道から自殺予告を一部抜粋

人生に悔いはないです。その上での決断です。ありがとう。本当にありがとう

現在はお店のインスタグラムのコメントは制限されています。

野口さんを非難する言葉もあったみたいですが、まさか自殺する前に野口さんを殺害するつもりだったと思わなかったでしょうね。

野口麻美さんを殺害した元交際相手の34歳の男ですが、予告通り飛び降り自殺をしてしまいます。

勤務していたケーキ店はEqual(イコール)

野口麻美さんが勤務していたケーキ店は渋谷区幡ヶ谷にあるテイクアウトスイーツ専門店「Equal(イコール)」の可能性が高いです。

どこか下町情緒を感じさせる、東京・幡ヶ谷の西原商店街を歩くこと10分ほど、鼻をくすぐる幸せな甘い香りが漂ってきたら、お目当てのお店はすぐそこです。テイクアウトスイーツ専門店「Equal(イコール)」は、オープン約3ヶ月ですでに開店前から人々が列をなすほどすっかり人気者に。それもそのはず。手がけたのは、代々木八幡の人気ビストロ「PATH」でパティシエを務める後藤裕一さん。今回は、オープンから後藤さんとともに歩んできたマネージャーの野口麻美さんに、お話をお伺いしました。

スイーツ Equal
どこか下町情緒を感じさせる、東京・幡ヶ谷の西原商店街を歩くこと10分ほど、鼻をくすぐる幸せな甘い香りが漂ってきたら、お目当てのお店はすぐそこです。テイクアウトスイーツ専門店「Equal(イコール)」は、オープン約3ヶ月ですでに開店前から人々が列をなすほどすっかり人気者に。それもそのはず。手がけたのは、代々木八幡の人気ビ...

お店のHPには野口さんのパティシエ姿の画像もあるので間違いないと思います。

 

マスターテラス中野平和の森公園で飛び降り

マスターテラス中野平和の森公園と特定

マンションの7階から飛び降りたみたいです。

7階から飛び降りたということはこのマンションが自宅だったみたいです。

7階だと賃貸料は20万円~22万円と裕福な方だったみたいです。

 

マスターテラス中野平和の森公園とロイヤル銀喜マンションの距離が近いですね。

亡くなった野口麻美さんは引っ越すべきでしたが、どうやら野口さんはケーキ店マネージャーとして働いており、職場を変えるのは難しかったかもしれません。

元交際相手には職場を知られているので、職場を変えられなければ引っ越してもあまり意味がなかったかもしれません。

元交際相手の名前や職業

残念ながら年齢が34歳ということしか分かっていません。

職業は洋菓子店の店長(野口麻美さんの店とは別)だったみたいです。借りていたマンションの家賃から、収入は多い人だったみたいです。

 

高橋宏征容疑者の顔画像と洋菓子店はどこ?インスタを特定
東京・中野区のマンションで、元交際相手の男性に殺害された人気パティシエ野口麻美さん...

 

34歳と若く店長を任されているエリートなんだから誠実に生きればよかったんですけどね、好きだった女性を殺害して自殺とはね哀れですね。

それにしてもこの国の報道は被害者の名前はすぐ報道されますが、加害者の実名報道は慎重ですね。

間違ったら大変なので慎重になるのは分かりますが、被害者と比べると加害者の人権が守られているように感じてしまいます。

警察も事件が起きる前に動ければいいんですけど、難しいですよね。警告ぐらいしかできません。法律を変えないと駄目ですね。

こういうストーカーには警告ではなく、強制的に入院させてカウンセリングを受けさせた方が良いですね

亡くなった野口麻美さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました