太代眞裕の顔画像や経歴と映画作品【アンジェラ芽衣】

スポンサーリンク

今回は太代眞裕氏について取り上げます。

太代眞裕氏はプロデューサーとしてこれまでに多くの映画作品を手掛けています。

いったいどんな人物なのか『太代眞裕プロデューサーの顔画像や経歴と映画作品【アンジェラ芽衣】』というタイトルでまとめていきます。

スポンサーリンク

太代眞裕の顔画像や経歴

顔画像はこちらの記事にあります。

太代眞裕氏はこれまで多くの映画作品などの制作指揮を務めたプロデューサーです。

詳しい年齢は不明でしたが、年齢は60代後半くらい業界では有名なプロデューサーとのこと。

太代眞裕氏は映画を中心に作品制作する株式会社アイモーション社の取締役も務めています。

映画作品【アンジェラ芽衣】

2019年『魔睡』:企画・プロデュース
2016年『少女椿』:製作
2014年:『HARAJUKU CINEMA』:エグゼクティブプロデューサー
2014年『フレア』:製作総指揮
2013年『花鳥籠』:企画・プロデュース
2012年『スープ ~生まれ変わりの物語~』:製作
2011年『それでも花は咲いていく』:製作
2009年:『いぬばか』:企画・プロデュース
2008年『やさしい旋律』:プロデューサー
2007年『セックスエリート 年収1億円、伝説の風俗嬢をさがして』:製作プロデューサー
2006年:『BACK FIRE 強制奪還』:脚本

太代眞裕氏はこれまでに多くの映画などの映像作品の制作に関わってきました。

2020年には男性アイドルグループ「MeseMoa.」やアンジェラ芽衣さんが出演する「アキハバラ@DEEP2.0(ツーポイントオー)」の制作に太代眞裕氏が代表を務める株式会社アイモーションが関わっていたそうです。

世間の反応

こういう曰く付きだと聞くと途端に観たくなる下衆な心理…。
権利者変更とかして再編集版を配信して出演者やスタッフにお金がいくように出来ないのかな。

 

提訴しようが裁判しようがお金が無い人からは何も取れないんだよな…。

 

未払いについては昔、テレビ東京のプロデューサーの関係者を名乗る人物が「業界ではままあること」と発言して一部で炎上しましたね。

 

過去の分が未払いなら
今回も絶対に払って貰えないでしょ…

デイリー新潮がギャラ未払い騒動と題して映像作品の制作トラブルを報じ、裁判までに発展しそうとのこと。真実はどうなのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました