海老根恵太の顔画像・wiki経歴|息子は海老根優大で妻は元陸上選手

スポンサーリンク

今回は競輪選手の海老根恵太さん(43)について取り上げます。

海老根選手は千葉県出身の競輪選手で、息子さんは大阪桐蔭野球部の海老根優大さんです。

父譲りのパワーとスピードで3回の国際大会を経験しています。

『海老根恵太の顔画像・wiki経歴|息子は海老根優大で妻は元陸上選手』というタイトルでまとめていきます。

スポンサーリンク

海老根恵太の顔画像・wiki経歴()


名前:海老根恵太(えびね けいた)
生年月日:1977年7月27日 43歳
出身:埼玉県生まれ 千葉県育ち
職業:競輪選手(86期)
級班:S級1班
家族:息子(海老根優大)
好きな食べ物:焼肉
嫌いな食べ物:セロリ

 

海老根恵太選手は千葉県出身の競輪選手で、師匠は森下太志(千葉・61期)。

2009年にG1「寛仁親王牌」と「KEIRINグランプリ」で優勝して最優秀選手賞に選ばれています。

2010年にはG1「競輪祭」を制しています。

現在は競輪界トップクラスのS級1班で活躍。

通算1着回数は414勝、優勝は52回を数えるトップレーサーです。

高校・大学時代は陸上選手

生まれは埼玉の春日部で高校から千葉県に移り住みます。

学生時代は陸上選手(ハードル)として活躍しています。

中学では全日本中学陸上110mH3位、走幅跳7位、110mH14秒0(中学日本記録)の成績を収めています。

高校は東海大学付属浦安高等学校で全国高等学校総合体育大会で優勝。

TOTO国際スーパー陸上では14秒08という高校日本記録を樹立しています。

高校卒業後は順天堂大学へと進み、1999年の日本学生陸上競技対校選手権大会で優勝を果たします。

学生時代は陸上選手として日本記録を樹立するほど活躍しますが、陸上選手として生計を立てるのは厳しいと考え、大学卒業後に競輪選手に転身。

海老根の高校の先輩でもある森下太志に師事する傍ら東出剛らのサポートも受け、日本競輪学校を適性試験で受験し第86期生として合格します。

ちなみに小さい頃の夢はガソリンスタンドのおじさんとスポーツ選手(野球 サッカー)だったそうです。

大人になって、セルフスタンドで無事にガソスタの夢を達成し喜んだそうです。

息子は海老根優大

海老根恵太選手は結婚しており、息子さんがいます。

息子さんの名前は海老根優大さん(16)。

大阪桐蔭で野球部員:外野手として活躍しています。

将来はプロ野球選手になることを夢見ています

プロを目指すだけあって野球の実力は確かで、今年の春には選抜高等学校野球大会の出場メンバーに選ばれています。

現在、開催中の第93回選抜高等学校野球大会。息子の優大(16)さんが名門・大阪桐蔭で新2年生にして出場メンバーに選ばれている。23日の1回戦は智弁学園(奈良)と対戦という注目の一戦だ。

exciteニュース

海老根優大選手は中学時代は京葉ボーイズでプレーしていました。

これまで3回も日本代表に選ばれ、国際大会でプレーしています。

2017年:カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会日本代表
2019年:JUNIOR ALL JAPAN代表
2019年:U-15アジアチャレンジマッチ日本代表

陸上100m全国4位を経験した俊足と強肩を備える強打者として注目されています。

ドラフト候補にもなっているそうです。

スポンサーリンク

妻は元陸上選手

海老根恵太選手の妻は『さおり』さんという名前で元陸上選手です。

妻のさおりさんについて調査しましたが、顔画像や経歴などの詳細は不明でした。

過去にテレビでさおりさんの写真が紹介されたことがあるみたいです。

競輪選手の美人妻を紹介するという番組だったそうなので、綺麗な女性であることは間違いないですね。

まとめ

『海老根恵太の顔画像・wiki経歴|息子は海老根優大で妻は元陸上選手』というタイトルでまとめました。

海老根恵太選手の妻は元陸上選手で息子はプロ注目の野球選手というアスリート家族であることが分かりました。

父親と母親の血を継いだ息子の優大外野手の将来が楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました