【顔画像】ミヤネ屋のディレクターKは誰で名前は?渡部建の会見のヤジ【ガキ使】

スポンサーリンク

アンジャッシュ渡部さんの記者会見が12月3日に行われて話題になりましたね。

会見内容は「不徳の致すところ」「私から申し上げることが出来ない」とあまり中身のない会見でした。

そんな会見の最中に「私らもガキの使いで来てるわけじゃないんで」というヤジが飛び、世間の注目が集まりました。

誰がヤジを飛ばしたのか話題になりましたが、どうやらヤジを飛ばしたのはミヤネ屋のディレクターKだという話が出てきました。

いったいミヤネ屋のディレクターKは誰なのでしょうか?名前や顔画像を調査していきます。

スポンサーリンク

渡部建の会見のヤジはミヤネ屋ディレクターK

こちらがヤジの動画です。このヤジで会場が沸きましたが、ネットでは否定的な意見が大半です。

そしてこのヤジが誰なのかという話ですが、キャスターの辛坊治郎氏が言及しています。

12月7日の夕刊フジの1面に小さな見出しで「渡部会見 不快発言男の正体」という記事があり、この記事について辛坊氏が語っています。

そんな中、「われわれだって“ガキの使い”で来ているんじゃないんだよ!」との罵声が飛び、つられて笑う声が。

渡部が参加したとされる『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大みそか特番に引っ掛けたものだが

辛坊)これを発言したのが、(芸能リポーターや)いわゆる週刊誌その他の芸能記者ではなくて、テレビのワイドショーのディレクター……制作プロダクションの人みたいですが、そういう人物だという話があって。

すべての情報番組で「記者は最悪」の大合唱だったのだが、なんと声の主は記者ではなく、彼らのスタッフであるテレビマンだった。

「ミヤネ屋を担当する読売テレビの60歳前後のディレクターのK氏が張本人」(番組関係者)

辛坊)これを書いている元週刊誌の芸能記者としては、「俺らじゃねえよ」というのを言いたいという話なのですが、そういう内幕だったのだというのがすごく面白いですね。

Yahooニュース

ミヤネ屋を担当する読売テレビの60歳前後のディレクターのK氏が張本人」と記事には出ています。

 

この事に関して日テレの自作自演だったのではという意見も出ています。

やっぱり会見自体が日テレが仕組んだ罠だったのね。
ガキ使で使えるかどうか様子を見るために突拍子に会見開かせて、もし炎上すれば編集できる今のうちに引っ込められるし。
こんな無意味と思えた会見も、日テレにとっては地雷を踏まなくて済んだ有意義なものだったのね。

この記事が本当なら日テレの自作自演という話もあながち間違っていないかもしれません。

最初の出演情報のリークから会見の演出まで全て日テレ側の自作自演という可能性もありますね。

しかし、何のための自作自演でしょうか?年末の「笑ってはいけないシリーズ」の番宣かと思いましたが、それにしては下品な番宣ですね。

渡部さんに会見を開かせてまですることかなとも思います。

一連の流れが日テレの自演だったかは分かりませんが、ヤジを飛ばしたのはミヤネ屋を担当する読売テレビの60歳前後のディレクターのKの可能性があることが分かりました。

一体誰なのか調査していきます。

【顔画像】ミヤネ屋のディレクターKは誰で名前は?

「私らもガキの使いで来てるわけじゃないんで」というヤジを飛ばしたのは動画の声から男性だと考えられます。

そして60歳前後のディレクターのKという情報があります。記事の表現だと現在もミヤネ屋でディレクターをしているみたいですね。

 

ディレクターKということはおそらく名前が「か行」だと考えられます。

また別記事になりますが、このK氏はいつも今回のような謝罪会見に来て、ちょっと引っかけた質問とかして使いどころを作るようなことをするそうです。

エンタメ性を強くして会見を視聴者のために面白くしたいそうです。

業界内で有名な方みたいですね。

 

これらの事を踏まえてミヤネ屋のディレクターについて調査したところ以下の人物が候補に挙がりました。
古賀淳治
角田浩基
木村圭吾
亀井敏行(チーフディレクター)

苗字の読み方によっては以下の2名
花谷和典
古川剛史

 

名前が「か行」の可能性がある人物
西山耕平
宇野浩平
松本健吾

 

ミヤネ屋は曜日ごとに担当ディレクターが異なるのでたくさんディレクターがいます。これでも候補を絞った方です。

おそらく苗字がKだと考えられ、花谷和典さん、古川剛史さん「はなや」「ふるかわ」と読むと思います。

そのため可能性が高いのは以下の3名です。
古賀淳治
角田浩基
木村圭吾

ただ調査しましたが、どのディレクターも年齢が不明です。

2chや爆サイでも名前は特定されていないみたいで、現時点では特定は無理そうです。

もしかしたらディレクターKの「K」もイニシャルなではなく、ただ隠すために付けられた可能性もあるため、名前が「か行」ですらないかもしれません。

引き続き調査して何か分れば追記します。

追記:ディレクターKの新たな情報

ディレクターKについて新たな情報が見つかりました。

ミヤネ屋を担当する読売テレビの60歳前後のディレクターのK氏が張本人。日本テレビ系『ザ・ワイド』のディレクターから現職の芸能担当になり、失礼な発言をすることで有名です。

夕刊フジ

ミヤネ屋でディレクターを務める前は日本テレビ系『ザ・ワイド』のディレクターだったようです。

この情報を元に調査し直したところ、『ザ・ワイド』でディレクターだった10人が、『ミヤネ屋』のスタッフとして働いていたことが判明。

 

ザ・ワイドでディレクターだった人物
藤井純さん(現在:ミヤネ屋プロデューサー)
沼田賢治さん(過去:ミヤネ屋プロデューサー)
大井啓之さん(現在:ミヤネ屋ディレクター)
神谷忠市郎さん(過去:ミヤネ屋ディレクター)
山本大輔さん(過去:ミヤネ屋ディレクター)
瀬野尾光則さん(過去:ミヤネ屋ディレクター)
横山長生さん(過去:ミヤネ屋ディレクター)
平野祥央さん(現在:ミヤネ屋ディレクター)
相崎忠昭さん(過去:ミヤネ屋ディレクター)
野瀬慎一さん(過去:ミヤネ屋演出)

 

この10人が『ザ・ワイド』でディレクターだった人達です。

10人のうち、現在もミヤネ屋のディレクターなのは大井啓之さん平野祥央さんです。

2人の内どちらかがディレクターKの可能性が高いですね。

 

「K」がイニシャルを表しているのなら大井啓之さんの可能性が高そうです。

啓之という名前はいろいろ読み方があり、啓之(読み:けいし,ひろゆき,ひろし,けいじ,のぶゆき)があるそうです。

けいし、けいじという名前なら「K」と一致しますね。

しかし、大井啓之さんの顔画像・年齢、名前の読みなどの情報は見つかりませんでした。

また平野祥央さんの顔画像や年齢も確認できませんでした。

そのためディレクターKが誰なのかは特定することはできませんでした。

 

ちなみにディレクターKの外見は

そのK氏は指原莉乃からも「会見で失敬な、頭もじゃもじゃのチェックシャツ着たおじさん」と要注意勧告されており、過去にも問題発言を繰り返していた。

芸能人からも評判は良くないみたいです。

世間の反応

ウケ狙いで言ったのかもしれんけど全く面白くないわ。ミヤネ屋と聞いて納得

 

もうバレちゃったんならミヤネさん番組代表して謝罪会見でもしますか。面白おかしくはダメですよ。真面目にお願いします。

 

ぜひ、報道関係に携わっているという自負があるなら、記名顔を公開して責任の所在をハッキリしたうえで取材して欲しい。
顔も出さず、大勢でたった1人をネチネチしつこくネチるのはただのイジメだよ!!

 

質問する側も、社名所属部署や名前を名乗って、身分を明かした上で質問する形式にした方が良いね。
その方が、質の良い、レベルの高い遣り取りが出来るように思う。

スポンサーリンク

まとめ

渡部建の会見のヤジ、ミヤネ屋のディレクターKは誰で名前はについてまとめました、

残念ながら特定は出来ませんでした。

可能性としては古賀淳治さん、角田浩基さん、木村圭吾さんの3名の可能性が高そうです。

業界内では有名な方で今回のような謝罪会見などに必ずと言っていいほど現場にいるみたいなので、今後誰なのか分かるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました