DJ社長のレペゼン地球解散理由動画|H氏は誰で正体や顔画像・名前

スポンサーリンク

元レペゼン地球のDJ社長が6月1日にレペゼン地球が解散した理由についての動画を投稿しました。

動画の内容が衝撃的で世間の注目を集めています。

そこで今回は『DJ社長のレペゼン地球解散理由の動画やH氏は誰で正体【顔画像・名前】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

DJ社長のレペゼン地球解散理由の動画

レペゼン地球とはDJ社長 DJふぉい。 DJ銀太 ジェニファー DJまる マネージャー脇の5人のグループです。

YouTubeチャンネル登録者数が200万人を超える人気グループでしたが、2020年12月26日にPayPayドームにて解散ライブを開催し、レペゼン地球としての活動を終了。

2021年からは「Candy Foxx」と名前を変えて活動しています。

解散理由について、これまで詳細は不明でしたがDJ社長が6月1日に『本当のレペゼン地球 解散の経緯について』というタイトル動画をYoutubeに投稿しました。

DJ社長はレペゼン地球を解散しなければならなかった理由に会社運営に携わっていたH氏について言及しています。

H氏は誰で正体や顔画像・名前

DJ社長の話によると、6年前に当時警備会社の社長であったH氏とDJ社長は知人からの紹介で知り合います。

当時、DJ社長は株式会社を経営していましたが、不調で6000万円ほどの借金を抱えていたそうです。

DJ社長がH氏に相談したところ、新たな会社の設立を勧められます。

株式会社Life Groupを設立し、レペゼン地球は人気グループとなりますが、H氏との間に問題が発生します。

H氏はDJ社長に「君は株を持っていない状態にしといた方がいい。DJ活動用の会社を1個作って、君の借金が返し終わるまで、僕が株を預かっておくよ」と言い、100万円の資本金で株式会社Life Groupを設立。そこでは、DJ社長が株式を49%、H氏が51%を保持していた。理由としては、DJ社長がビジネスで成功し有名になることで、借金の債権者たちがDJ社長の会社の株を差し押さえることを防ぐためということであった。

その後、レペゼン地球の快進撃によりDJ社長は債権者たちへ無事に借金全額を完済。

レペゼン地球は人気になっても相応の給料をもらえず、経理関係の仕事を担当していたH氏はDJ社長が借金を返し終わっても株を返そうとしなかったという。その後、条件付きで株を渡すと言ってきたH氏だが「退職金4900万円」「レペゼン地球の歌った楽曲の権利を全て渡す」「H氏が担当した経理に不備があっても訴えてはならない」「未来永劫的にカラオケ印税も」など、提示された条件にDJ社長は納得することが出来ず、その後も話し合いは難航した。

そのため、DJ社長は2020年、自らの意思で解散して新グループ(Candy Foxx)、新会社(Studio Candy Foxx株式会社)の設立を決意。同年12月、ファンのためにレペゼン地球福岡ドーム解散ライブは強行した。

ライブドアニュース

新しく設立した会社Life GroupはH氏が出資金を出して作られたものだったそうです。

出資者であるH氏はLife Groupで経理や権利周りを担当していましたが、上記の経緯によりDJ社長はLife Groupの代表職を失ったそうです。

現在、商標権や楽曲の権利、経理の透明性などについて裁判でH氏と係争中だと説明しています。

動画ではH氏と思われる人物との会話も公開されています。

 

DJ社長によると商標権や楽曲の権利トラブル以外にも、H氏は息子を会社に所属させたしていたいそうです。

息子さんは活動を全くしていないのにメンバー以上の給料あげていたそうです。

他にも数千万円単位の不可解なお金の動きもあるそうです。

 

気になるH氏の正体ですが現時点では不明です。

 

「株式会社Life Group」の会社概要でもH氏と思われる人物の名前は確認出来ませんでした。

ネットでも特定はされていないようです。

そして、現在裁判中という事もありDJ社長もH氏の正体を明かすことは出来ないようです。

 

 

更に法的にはDJ社長が勝つのは厳しいという意見も多いです。

スポンサーリンク

世間の反応

タイトルとURLをコピーしました