coco(漫画家)の顔画像や年齢・作品は『野良犬の犬』がんで亡くなる

スポンサーリンク

3月7日、漫画家のcoco先生が亡くなったと報じられました。

coco先生のツイッターを確認すると、3月5日にご家族の方が2021年1月15日に亡くなったと報告していました。

今回は『coco(漫画家)の顔画像や年齢・作品は野良犬の犬など|がんで亡くなる』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

coco(漫画家)の顔画像や年齢・作品は野良犬の犬など

coco先生は顔画像や年齢などのプライベートな情報を公表していませんでした。

そのため素性は不明でした、ccoco先生の作品を調べると、

『今日の早川さん』2007年発刊

『異形たちによると世界は…』2011年発刊

『野良犬の犬』2018年発刊

2000年代後半から漫画家として活動していたみたいです。年齢は30代後半から40代くらいかと思われます。

株式会社イースト・プレスのSplush編集部は、

『coco先生とのお別れはあまりに早く残念でなりません』

と報告しているので、やはり若い年代の方のようですね。

 

coco先生は現在、『エリート捜査官のふらちなあやまち』連載中。

最近は『野良犬の犬』などBL作品を執筆しており、同人活動もしていました。

がんで闘病していた

coco先生のツイートを遡ると、

2020年入院していたことが判明。

入院しながらも作家活動を続けていました。

そして、亡くなる1週間前に癌で手術していたことを報告。

『今年は健康運が少し上向く?みたいなので無理せず楽しく進めていきたい所存です!』とツイートし、銀魂もエヴァの映画を観に行きたいと話していましたが、残念ながら1月15日に亡くなってしまいました。

スポンサーリンク

世間の反応

本人も連載半ばでなんて心残りでしょうに。
ご冥福をお祈りします。

 

最近は漫画もあまり読まなくて存じ上げなかったけれど、先刻ちょっと調べてみた。キャラもBGの描き込みも自分には直球でど真ん中のものだった。こんな形でこの人の事知る異なるのはものすごく残念だな。
読んでみたいと思う。

 

原稿頑張ってますとのツイートしてたのに
本当、これだけ医療が進歩しても癌で死ぬなんて…

 

この方の8日前のツイート見ると、本人もまさかこんなに早く逝くことになるとは思ってなかったんじゃないかと思うくらいに突然のことで「えっ!?」ってなってしまいました

タイトルとURLをコピーしました