荒牧陽子のフライデー略奪婚!旦那(夫)の岩下プロデューサーの顔画像

芸能人
スポンサーリンク

「ものまね新女王」「歌まねクイーン」の異名を持つ荒牧陽子さん。

現在はLISAさんの「紅蓮華」のものまねが有名ですね。

2011年からものまねシンガーとしてブレイクしますが、2013年から喉や体調・メンタル不調から休業しました。2014年から復帰しますが、2017までテレビに出演することがありませんでした。

実は不倫略奪をフライデーされてしまい、その影響でテレビから姿を消していました。

荒牧さんが寝取ったのは岩下プロデューサーで、現在の荒牧さんの旦那さんです。

荒牧さんと岩下プロデューサーの間には子供もいます。

スポンサーリンク

荒牧陽子の顔画像・プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒牧陽子(@yoko_aramaki)がシェアした投稿


名前:荒牧 陽子(あらまき ようこ)
出身地:岡山県岡山市
生年月日:1981年1月14日 39歳
身長:152cm
職業:シンガーソングライター、ものまね歌手
所属事務所:フリースタイル

 

現在の旦那さんは岩下プロデューサーでお子さんが1人います。

荒牧陽子 経歴:上京まで

荒牧陽子さんは小さいころから歌が上手く、地元岡山で行われたコンテストを総なめにし『コンテスト荒らし』と呼ばれた歌うまキッズでした。

高校は就実高校(私立高校で、幼稚園から大学までの一貫校)で、16歳と17歳の2年連続で『NHKのど自慢』で優勝します。

荒牧陽子 経歴:ブレイク~休業まで

20歳のときに『NHKのど自慢』岡山市大会で優勝します。そしいよいよ歌手になるために上京します。

色々なオーディションを受けますがなかな合格できず、スタジオミュージシャン、コーラス、カラオケのガイドボーカルの仕事で生計を立てていました。

なかなかシンガーソングライターとして芽が出ず、年齢が30に差し掛かったときテレビ局からモノマネ歌手のオファーが来て出演することになります。

この出演がきっかけで、スタードラフト会議という番組に出演することになります。

スタードラフト会議でものまね10連発を披露してブレイクします。
(平原綾香さん、aikoさん、坂本冬美さん、大黒摩季さん、西野カナさん、mihimaru GTさん、大塚愛さん、MISIAさん、レディ・ガガさん)

高い歌唱力&ハイクオリティなものまねで、世の中にはこんなに歌が上手い人がいたのかと出演者を驚愕させました。

 

「スタードラフト会議」出演をきっかけにケイダッシュ系列のピーチに所属することになります。

元々歌唱力の高いシンガーの曲を本人に勝るとも劣らない歌唱力で歌える点が他の歌ものまねタレントと一線を画しており、またビジュアルの良さも相まって大ブレイクします。

こうして上京して10年、年齢が30歳になってようやくブレイクします。

当初目標だったシンガーソングライターとは少し違った形ですが、ものまねシンガーとして有名になりました。年収1億円ともいわれていました。

突然の休業

2011年にブレイクした荒牧陽子さんですが、なんと翌年の11月に突如休業することを発表します。

荒牧陽子コメント全文
わたくし、モノマネシンガー荒牧陽子は、2012年12月いっぱいをもって、一時休業させて頂く事になりました。

理由と致しましては、「モノマネ」をするために喉を酷使したために喉を潰し、歌を歌えなくなる恐怖から精神的ストレスにより体調も良くありませんでした。

ここ数ヶ月間は、微熱と体調の悪さを隠しながらお仕事をしていました。

以前まで出していた声も出せなくなり、将来に対する不安とも戦ってきました。

私は歌う事が大好きです。その歌を歌う事が、生まれて初めて、「苦しい」と思ってしまいました。

スタッフの方やファンの皆様からアドバイスや暖かい応援の声を頂いているにも関わらず、騙し続けながら歌い続ける事は出来ないと休業を決断致しました。

心身ともに元気になりましたら復帰したいと思っております。

これまで本当にありがとうございました。

歌うことが大好き!私の歌声で、みんなを笑顔にしたいです!!

2012年11月10日 荒牧陽子

モデルプレス

体調不良で休業と発表されましたが、この1年後に本当の休業理由は略奪不倫の裁判だったとフライデーされます。

荒牧陽子のフライデー略奪婚

2011年8月に岩下プロデューサーと元嫁さんが結婚して、妊娠も発覚します。

結婚4か月目、荒牧陽子さんが岩下プロデューサーとの不倫が始まります。

荒牧陽子さんが岩下プロデューサーは仕事で知り合ったみたいです。

2012年2月、岩下Pの元嫁は出産後に帰宅しますが、旦那が不倫してる証拠(メール、つけまつげ)を見つけます。

岩下プロデューサーは不倫を認めますが慰謝料を渋ったので離婚調停は不成立となり、元嫁が裁判を起こし、精神的苦痛による損害賠償、6000万円を請求します。

6000万円という額がすごいですね。まぁ岩下Pとの甘い新婚生活もなかったわけですからね、相当な怒りだっと思います。

 

しかも、裁判での発言が

岩下プロデューサーは「不倫前から婚姻関係は破綻していた

荒牧陽子さんは「家には行ったが、すでに離婚してると思っていた

そんなわけないだろうと両者にツッコみたくなりますね。

 

2014月7月、東京地裁の判決は元嫁の勝訴で終わります。荒牧さんと岩下プロデューサーは元嫁に300万円払うことになります。

離婚の慰謝料の相場は300万円くらいが最高です。さすがに6000万円は無理でしたが、裁判所が相場以上の金額の支払いを命じたということは2人の不倫が悪質だと認めたみたいです。

荒牧陽子さんと岩下プロデューサーが結婚

荒牧陽子さんと岩下プロデューサーは裁判中の2013年5月になんと結婚します。

ちょっと信じられないんですが、事実です。結局元嫁さんにも謝罪していないんですよね。

この略奪婚の件があるため現在でも荒牧陽子さんには批判的なコメントが多く、モノマネも正当に評価されないことが多いです。

2014年に復帰しますが、しばらくテレビから消えて、干されてしまいます。所属事務所もクビになり現在のフリースタイルに所属することになります。

 

テレビから干されたことが影響したのか、ついに元嫁さんに謝罪します。

――’13年から突如、芸能活動を休止していましたが?

「あれは本当に裁判とは関係ないです! ものまねで売れまくってしまったんですけど、私は自分の曲を歌いたくて……。その整理がつかなくて精神的に参ってしまって」

――B子さんは「A氏からも荒牧さんからも謝罪がない」と話していましたが?

「その件に関しては、本当にご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした! この気持ちが記事を通して、少しでも伝われば、と思います」

初めてB子さんへの謝罪の気持ちをうつむきながら述べた荒牧。ひと呼吸おきながら、こう続ける。

「本当に、夫は離婚していたものだと思っていました。でも、それを強調してしまうと、夫を責めることになってしまう……。離婚してからのお付き合いでなかったことに、罪悪感はもちろんあります」

女性自身

女性自身の取材を通して元嫁さんに謝罪しました。

しかし、結局自分は悪くないという風に聞こえますね。うーん世間では謝罪しなかったり、裁判中に結婚したりとメンタルがすごいとありますが、常識がないだけの人だという声も上がっています。

2017年頃から徐々に仕事が増え、子供が生まれる

2017年からまたテレビの出演が増えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒牧陽子(@yoko_aramaki)がシェアした投稿

全盛期の頃と比べてテレビの出演は多くないですが、それでも徐々に仕事が増え始めます。

岩下プロデューサーの顔画像・プロフ

旦那の岩下プロデューサーはフリーのテレビプロデューサーで、年齢は50歳前後です。

残念ながら詳しい顔画像、プロフィールは分かりませんでした。

顔はくりぃむしちゅー上田晋也さんに似てるといわれてます。

まとめ

荒牧陽子のフライデー略奪婚と旦那(夫)の岩下プロデューサーについてまとめました。

残念ながら岩下プロデューサーについては詳細が分からず、顔画像なども調査しましたが、見つかりませんでした。

現在も批判が多い荒牧陽子さんですが、ものまねや歌の実力は確かですのでこれからテレビで見る機会が増えるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました