荒木光子容疑者の顔画像や火災現場の画像・動画【大阪摂津市鳥飼西】

スポンサーリンク

5月3日、大阪府摂津市鳥飼西4丁目で火災が発生。

木造2階建ての棟続きの住宅や民家計4棟11戸の延べ計670平方メートルが燃えました。

火災の原因は放火だったことが判明し、現住建造物等放火の疑いで荒木光子容疑者(74)が逮捕されました。

今回は『荒木光子容疑者の顔画像や火災現場の画像・動画【大阪・摂津】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

火災現場の画像・動画【大阪・摂津】

5月3日午後10時55分ごろ、大阪府摂津市鳥飼西(とりかいにし)4丁目で、「建物から煙が出ていてにおいもする」と119番通報がありました。

木造2階建ての棟続きの住宅や民家計4棟11戸の延べ計670平方メートルが燃え、約4時間後にほぼ消し止められました。

この火災で怪我人はいませんでしたが、原因は放火であったことが判明。

放火容疑で逮捕されたのは摂津市鳥飼西4丁目の無職、荒木光子容疑者です。

荒木光子容疑者の顔画像

逮捕された荒木光子容疑者の顔画像が気になりますね。

こちらについては、現時点でどのメディアも報じていないようです。

年齢も74歳と高齢なのでSNSなども利用していないと考えられます。

名前:荒木光子
年齢:74歳
職業:無職
住所:摂津市鳥飼西4丁目

動機は?

荒木光子容疑者がなぜ放火をしたのか?

動機が気になりますね。

警察によると荒木容疑者は「将来を悲観し、自分の家に火をつけた」と話しているそうです。

荒木容疑者は夫と二人暮らしで、夫は入院中だったそうです。

夫の入院費や高齢でお金がなく、生活費に困っていたかもしれませんね。

自宅で一人孤独で精神的に不安定になっていたのかもしれません。

お子さん頼らなかったことを考えると、子供や他の親族はいなかったかもしれないですね。

将来を悲観したからといって、放火は他人に迷惑がかかってしまう可能性が高いです。

現に今回の火災で住宅や民家計4棟11戸が燃えてしまいました。

思い詰める前に行政に頼って欲しかったです。

世間の反応

自分が辛いからって他人を巻き込んでいいわけがない。

 

少しでも他人様に迷惑がかかると思わなかったのかな。
これが心が病むって事なのかな。

 

こんな人は賠償能力なんかあるはずも無いし、まさに無双状態。
被害者は泣き寝入りしかないじゃん。

 

「将来を悲観し、自分の家に火をつけた」
余りにも身勝手過ぎる。
隣接の貰い火を受けた人は将来を悲観するやろ。その人の責任はどう取る!

タイトルとURLをコピーしました