安藤なつの旦那の画像|仕事は弁護士or介護士?離婚の噂や馴れ初め

スポンサーリンク

デイリーがお笑い芸人の安藤なつさんが離婚調停中であると報じました。

安藤なつさんは2019年11月に、6歳年下の一般人男性と出会って3カ月のスピード結婚でした。

そこで今回は『安藤なつの旦那の画像|仕事は弁護士or介護士?離婚の噂や馴れ初め』

スポンサーリンク

安藤なつの旦那の画像や名前

こちらが安藤なつさんの結婚相手の顔画像です。

マスク姿ですが、テレビで顔出し出演していました。

名前については一般男性という事で明かされませんでした。

安藤なつの旦那の仕事は弁護士or介護士?

安藤なつの旦那さんについて調査すると、サジェストに『弁護士』というワードが出てきます。

旦那さんは弁護士のお仕事をしていらっしゃるかと思いましたが、どうやら介護職に就いているそうです。

なぜサジェストに弁護士が出てくるのかは不明でした。

安藤なつと旦那の馴れ初めは?

安藤なつと旦那さんの馴れ初めですが、どうやら婚活パーティで出会ったそうです。

安藤なつさんは結婚後に『ワイドナショー』に出演して、『ぽっちゃり体型を生かした婚活』で知り合い、お互いに介護職をしていたことから意気投合し、交際に発展したと話しています。

調査したところ、『ぽっちゃり女性が集まるお見合いパーティー』というのがあるらしいです。

婚活もいろいろ種類があり、ぽっちゃり好きの男性も多いそうです

安藤なつさんは20歳の時に、まだお笑いだけでは食べてはいけなかったため、ヘルパー2級の資格を取得し、介護の仕事をしていたそうです。

元々安藤さんの叔母の旦那さんが運営していた障害者のグループホームに安藤なつさんは小さい頃からよく遊びに行っていました。

中学生になってからはグループホームで毎日ボランティアをしていたそうです。

安藤なつさんと旦那さんはお互い介護職をしていた経験から仲良くなったそうです。

離婚の噂

6月29日にデイリーが安藤なつさんが離婚調停中だと報じました。

実は以前から安藤なつさんには離婚の噂がありました。

2020年に安藤なつさんが『踊る!さんま御殿!!』にゲスト出演して結婚生活や旦那さんいついての話題になりました。

俳優の木下ほうかさんが「夏がきて暑いの苦手な人だったら、ボーとする姿に幻滅するかもしれない」。

旦那さんと交際期間3ヶ月で結婚したため、初めて夏を迎えることになります。

旦那さんが暑い時期の安藤なつさんを見て幻滅するのでは言う話になりました。

これには視聴者も納得する声が出ていました。

デイリーの報道によると、離婚の原因は安藤なつさんの束縛やシビアな金銭管理だったとあります。

「Aさんが知人と食事に行こうとすると、
相手の連絡先を安藤さんに教えないといけないというんです。

『もしあなたに何かあったら不安だから』

というのがその理由で、
代わりに安藤さんもマネージャーさんや仲の良いスタイリストの連絡先を彼に教えるという、よく分からないルールになっていたそうです。」

(中略)

「自宅にホワイトボードが用意され、
予定をそこに書かなければいけないという決まりも。

そもそもAさんは東京に知り合いが少ない。

そんなふうに管理されては、気軽に外出もできず、友達も作れないですよね。

そのせいで、
だんだん塞ぎがちになってしまったんです」

さらには、お金に細かすぎる安藤の一面も明らかになった。

「自宅マンションの家賃こそ、
6対4くらいで安藤さんが多めに負担していたそうです。

けれど、
それ以外の生活費は基本的に折半で、
たまに安藤さんが食事を作れば、Aさんに食費を請求したというんです。

共働きの夫婦が決めたルールとはいえ、
人気芸人と介護職とでは、年収はぜんぜん違いますからね。

もっとも、
彼がいくら尋ねても、安藤さんは断固として収入は答えてくれなかったらしいですが……」

引用:デイリー新潮

これが事実なら安藤なつさんは結婚生活には向きませんね。

そもそも旦那さんと安藤さんは出会ってから結婚までの期間が短く、結婚までに4回しか直接会ったことがなかったそうです。

お互いの事をよく知らずに結婚したことも離婚の原因かもしれませんね。

更新中

世間の反応

両方の言い分聞かないとわからないけど、読んでたら旦那さんが可哀想になった。男の尊厳って、いうのが無視されてる感じ。

 

てっきり幸せな結婚生活を送っているのかと思っていました。
でも、記事に書いてあることが本当だとしたら旦那さんが気の毒に思います。

 

旦那の言い分だけ聞くとなにか可哀そうな気になるがいい大人が
4回会っただけで結婚するなんて稚拙としかいえないよね

 

どっちもどっちという気がするけど、できることなら結婚前にお互いを見極める時間を持つべきだったのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました