脳みそ夫が差別発言!不適切表現の内容は「あ、犬」【アイヌ民族】

スポンサーリンク

3月12日放送の『スッキリ』のHuluのおすすめ番組を紹介する「週末ジョイHuluッス」のコーナーで問題が起きました。

コーナーで紹介されたのは、いまを生きるアイヌ女性の葛藤を描いたドキュメンタリー「Future is MINE -アイヌ、私の声-」。

ドキュメンタリー紹介後に芸人の脳みそ夫がなぞかけで「あ、犬」とダジャレを披露。

これが実際にアイヌ民族に対して使われていた差別用語だと炎上してしまいました。

日テレは12日午後のニュースで謝罪しました。

スポンサーリンク

「スッキリ」放送で日本テレビが謝罪

日本テレビが放送で、アイヌ民族を傷つける表現があったとして謝罪した。

日本テレビは12日、情報番組「スッキリ」でアイヌ民族の女性をテーマにしたドキュメンタリーを紹介したが、12日午後、「それを受けての放送内容において、アイヌの方たちを傷つける不適切な表現があった」と、夕方のニュース番組内で謝罪した。

日本テレビは、「アイヌの皆さま、関係者の皆さまに深くおわび申し上げるとともに、今後、再発防止に努めてまいります」としている。

Yahooニュース

脳みそ夫が差別発言!不適切表現の内容は「あ、犬」

ドキュメンタリー紹介後、

お笑い芸人の脳みそ夫さんが「この作品とかけまして動物を見つけたととく。その心は、あ、犬」と謎かけを披露。これが実際にアイヌ民族名に「犬」という言葉をかけて、侮蔑することは昔から続いてきたということで、視聴者から批判。

不適切発言は生放送ではなく収録済みのVTRによるものでした。つまり、脳みそ夫さんが悪いというわけではなく、制作サイド(スッキリ)のチェックミス。番組全体の責任になると思います。

恥ずかしながら、私は「あ、犬」が差別用語とは知りませんでした。日テレもチェックしている人が差別的表現だと気づかなかったのかもしれないですね。

「あ、犬」という言葉は実際にアイヌへの差別やいじめに使用されていた

「あ、犬」が、アイヌの人びとに和人が昔から投げつけてきた差別のフレーズであることは論文で明らかになっています。

北海道大学アイヌ・先住民研究センターの北原モコットゥナ●(シ)准教授によると、民族名に「犬」という言葉をかけて、侮蔑することは昔から続いてきたという。「放送を見て、集中力が下がって仕事が手につかなくなった。前後の説明を見れば、好意的に紹介しようという意図があったことは分かるが、長年多くの人々のトラウマとなってきた言葉が流れてしまったことは重大だ」と指摘。

アイヌの方にとってはトラウマを呼び起こしてしまう差別用語だったようです。

私は先述の通り、差別用語だとは知らなかったです。今回の騒動を機に知ることが出来てよかったです。気をつけなければいけないですね。

今もアイヌへの差別はある

2016年に国によるアイヌ民族に関する初の全国調査が発表されました。

アイヌへの現在の差別や偏見について、回答者がアイヌの人々の場合には72.1%が「あると思う」と答えたのに対して、国民全体を対象とした同様の質問では、「あると思う」が17.9%と低く、両者の間にかなり大きな意識の差が見られたのである。

この調査で今でもアイヌの人々は差別を感じることがあるそうです。

しかし、国民全体を対象とした同じ質問だと、「あると思う」が17.9%と低いものになっています。

私も正直、もう差別はほとんどないと思っていました。認識不足で恥ずかしいです。

一人一人の国民がアイヌ問題に向き合い、理解を深めなければいけませんね。

世間の反応

「あ、犬」の歴史的背景、まったく知らず、初めて問題として認識したけれど、無知だったでは済まされないと言われてしまうとつらいものがあるな。まあ、それを受け止めるしかないのだけれど。

 

普段こういうのうるさく言いたくないんだけどコレ本当に酷すぎて泣きそう 「明治時代和人が体毛が濃いアイヌを「あ、犬だ」とからかった」ってのがこの国におけるアイヌ民族差別を語る上で避けられないセンテンスだってのを脳みそ夫は知らなかったんだろうけど これは調べれば直ぐに出てくる話なわけで

 

「あ、犬」をテレビが放送しちゃうとかアホ過ぎて呆れる。地名とか名称をからかう感じで扱うのタブーだってのは初歩中の初歩だろ。

 

アイヌの子たちはリアルであ犬呼ばわりされてましたからね
道民の自分はその現場に幾度となく遭遇しました
彼らを苦しめ言葉を穢した差別者たちに怒りを感じてもらえると救われます

タイトルとURLをコピーしました