尼崎双星高校のいじめ加害者(主犯)は誰で教頭の名前(実名)【とあ君】

スポンサーリンク

「超無課金」のチャンネル名で有名なYouTuberの石田拳智さんが、ある高校で起きたいじめについての動画を公開しました。

石田さんは12月のツイートの中で、いじめが起きている高校名を伏せて言及していました。

学校側の対応が「学校側もいじめを隠蔽してる様子」「酷すぎた」などと批判していましたが、1月19日に学校名を明かして動画を公開。

いじめがあったのは兵庫県にある尼崎双星高校です。

スポンサーリンク

尼崎双星高校(とあ君)のいじめ事件の概要

石田拳智さんは自身のYouTubeチャンネルにて2本の動画を公開。

1本目の動画は石田さんがいじめ問題に介入するまでの経緯を発表。

2本目の動画では学校の教頭2名といじめ問題に関する意見を交わし合っています。

いじめの被害を受けた『とあ』君(高校2年生)は加害者との直接の話し合いを希望しますが、なかなか実現できず、録音データを公開するに至りました。

とあ君はいじめにより、年以上も不登校になっています。

尼崎双星高校:いじめ加害者は誰?

とあ君によると、高校1年生の時にサッカー部で削りなどのいじめを受けていたそうです。

それを指示したのが主犯格のサッカー部の男子生徒です。

いじめの主犯格が複数の生徒にとあ君を削るよう指示されたとされています。

石田さんはいじめ主犯格の男子生徒を公表することは望んでおらず、とあ君と話し合いを実現させて、反省させたいとのこと。

そのため、主犯格の名前は明らかになっていません。

 

双星高校生の話だと、被害者と加害者で言い分が食い違っている部分もあるそうです。

やはり、話し合う場を設ける必要があります。

尼崎双星高校の教頭の名前(実名)

石田さんと、とあ君が話し合ったのは2人の教頭先生でした。

2人の教頭は被害者の生徒だけでなく、加害者の生徒やその親への配慮が必要であり、話し合いを即座に実現することは難しいと主張。

しかし、とあ君はいじめについて2021年2月の時点で学校側に報告しています。

被害を訴えてから、一向に話し合いの場が設けられていません。

話し合いでは教頭側は、出来る限りのことをしていると話していますが、対応の悪さに批判が集まっています。

教頭の名前を調査しましたが、公式ホームページには載っておらず、爆サイなどのネット掲示板も確認しましたが、有力な情報はありませんでした。

一部、学校の対応の遅さを擁護する声もありました。

タイトルとURLをコピーしました