A1市街地グランプリに参加や観戦できる?会場の場所はどこ?【江津で日本初の公道レース】

スポーツ
スポンサーリンク

2020年9月20日(日)に、島根県江津市で日本初の公道レースが開催されることが決まりました。

A1市街地グランプリGOTSU2020』という大会名で日本初の公道レースが開催されます。歴史的快挙となりましたね。

日本初の公道レースは江津市のどこで行われるのか、観戦できるのか?参加者は誰なのか調べていきます。

スポンサーリンク

A1市街地グランプリGOTSU2020

 来る9月20日(日)に、島根県江津市で日本初の公道レースが開催される予定だ。『A1市街地グランプリGOTSU2020』である。A1の意味は、Anyone(誰もが)参加できるとの思いが込められている。

江津市は、人口2万4000人ほどで、島根県内ではもっとも小さな市といわれる。消滅可能性都市ともいわれるそうだが、その市街地の公道でレースが開催されるのだ。新型コロナウィルスの影響で、いくつかの計画変更はあったが、日本初の実現へ向け追い込みに入っている。

Yahooニュース

これまで何度も公道レースの企画が持ち上がりながら実現へこぎつけなかったですが、江津市という小さな町でレースが行われようとしています。

『A1市街地グランプリGOTSU2020』開催日時

2020年9月20日(日)9:00〜16:00

詳細(予定)
09:00-12:00 コース設営
12:00-13:30 競技
14:00 表彰式
13:30-15:00 コース撤去
16:00 大会終了

競技スケジュール(予定)
12:00- 公式練習
12:15- 公式予選
12:30- スタート進行
12:40- 決勝レース
13:10- ゲストパレード走行

競技車両はレンタルカートの「Birel N35」

競技内容:公式練習、公式予選、決勝レース(スプリントレース20周)

公式サイトはこちらから

レース会場の場所はどこ?

レースは江津市にあるパレットごうつという複合施設で行われます。


出典:https://a1citygp.com/story/115/

全長778m、左回り
コーナー数:6
スタート地点:パレットごうつ駐車場前

レンタルカートでのレース形態となります。レーシングカートやレーシングカー、を使ったレースに比べ速度が遅く、危険性が緩和され安全面を考慮しています。


出典:https://a1citygp.com/crowdfunding/

さらに制限速度を時速60kmまでとして、事故が起きないようにしています。

日本初の公道レースで絶対に成功させたいので、このぐらいの配慮は当然ですね。

レースを観戦できる?

『A1市街地グランプリGOTSU2020』の観戦ですが、コロナの影響により、地域外からの誘客は困難となりました。

観覧者は地元住民、大会関係者の約400名に限定となりました。

残念ですが仕方りませんね。当日レース会場に来ても地元住民以外の方は観戦することはできません。

公式サイトからも当日はパレットごうつ周辺へのご来場はご遠慮下さいとお願いが出ています。観戦したい人もいると思いますが、来場は控えましょう。

レースに参加できる?

レースには一般の方は参加できません。

ドライバーの一般公募または予選会等は行わず、大会事務局が選定したドライバー12名で競技を行う予定です。

当初、一般から広くドライバー公募を検討していましたが、コロナの影響で断念となりました。

 

『A1市街地グランプリGOTSU2020』のA1の意味はAnyoneで「誰でも」という意味で一般の方も参加や観戦が出来るものでしたが、コロナの影響でダメになってしまいました。残念ですね。

 

ただ日本初の公道レースということで、コロナのせいで大会規模を小さくしてやることになったのは良かった面もあると思います。

大会規模を小さくしたことでレース運営はやりやすくなり成功しやすくなったと思います。

江津市で公道レースが成功すれば、ほかの地域でも同様の動きが出るきっかけになるかもしれませんし、江津市も大会を続けていくことが出来れば町おこしにも繋がります。

絶対に成功させて欲しいですね。

クラウドファンディング

A1市街地レースグランプリ事務局では現在クラウドファンディングをしています。

『A1市街地グランプリGOTSU2020』の支援のためです。

目標金額に到達してもしなくても、大会は開催されます。

歴史に残る記念すべき第1回大会を多くの方に支援という形で参加していただけないかという思いでクラウドファンディングをしています。

集まった支援金は、コース安全対策費、コース設営・撤去費、新型コロナウィルス対策費に使用します。

詳しくはこちらから

レースに参加や観戦することは出来ませんが、クラウドファンディングという形で大会に参加するのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました