段原一詞監督の年齢・経歴(大学 高校)や嫁と娘【秀岳館サッカー部】

スポンサーリンク

今回は秀岳館高校サッカー部の段原一詞監督について取り上げます。

同校サッカー部のコーチが部員に暴力を振るった動画が拡散された件で、

段原一詞監督が、日本テレビ『スッキリ』に出演し、謝罪と釈明をしました。

そこで今回は段原一詞監督の経歴や家族についてまとめていきます。

スポンサーリンク

段原一詞監督の年齢とwiki経歴(大学 高校)

段原一詞(だんばら かずし)監督は福岡県出身です。

段原一詞監督の学歴は東海大学第五高等学校→陸上自衛隊→日本大学となっています。

1997年に高知県明徳義塾高校サッカー部監督を経て、2001年に熊本県秀岳館高校サッカー部監督に就任し、現在に至ります。

明徳義塾学園高校時代から、家族と一緒に選手の寮に住んでいるそうです。

第79回全国高等学校サッカー選手権大会(2000年12月30日~2001年1月8日)の記録では段原一詞監督の年齢は28歳と記載されていました。

現在の年齢は50歳前後であると考えられます。

段原一詞監督の嫁と娘

段原一詞監督は結婚しており、嫁と娘さんがいます。

秀岳館高校サッカー部の公式サイトに記載されているプロフィールによると、

娘さんや奥様には頭が上がらず、子煩悩ということです。

奥様と娘さんの名前や顔画像などの素性は不明でした。

スッキリに出演して謝罪する

スッキリに出演した段原監督は涙ながらに謝罪。

・全て大人の責任である
・私が責められるのは大丈夫
・子供たちが進むためにはコーチの力も必要
・今後こういうことがないようにする

 

「21年間の中でコーチが部員に暴力を働いた瞬間を目撃されたことはありますか?」という質問に対し、

段原監督は「ありません。今回の動画で初めてみました」と明かしていました。

普段から部員に対する暴行があったというわけではなさそうですが、

ネット上では新たな告発もされているようです。※確定した情報ではないので、詳細は伏せます。

 

また、

暴行動画拡散後の2日後に暴行を受けた部員が投稿した動画が物議となっていました。

 

現在は動画は削除されていますが、素顔を名前を公表して、

「学校からの帰り、寮の鍵がなかなか開かず、感情的になり、コーチをバカにするような発言をしたのが、今回の原因です」と暴行の原因が自分にあったことを謝罪。

 

暴行される場面を撮影した部員も、次のように釈明しています。

「正直、ここまで大きなことになるとは、思っていませんでした。たくさんの人たちに迷惑を掛けてしまい、申し訳ありませんでした」

 

学校側からの説明がない段階で部員が実名を名乗り、顔出しで謝罪したことについて、世間からは学校に対する批判の声が上がっていました。

追記:恫喝音声の録音について

「熊本日日新聞」がインフルエンサー滝沢ガレソ氏が公開した『段原一詞監督の恫喝音声』について報じました。

声の主は段原監督とされ、動画を撮影した生徒2人に対して「お前らは加害者」と発言しています。

「完全な被害者は俺だけ」とも発言し、最終的には弁護士の存在をチラつかせて訴訟も辞さない旨を生徒に伝えています。

「熊本日日新聞」が恫喝音声について秀岳館高校に取材したところ、学校側は「断定はできないが、たぶん監督の声だろう」と説明。

段原監督は自身は、

「記憶にないということじゃない。いろんなことをしゃべっている。どんな所でどんなことをしゃべったのか確認中」

「否定とも肯定ともしないということではない。僕のものであるかどうかも分からない」

と曖昧に答えています。

追記:秀岳館高校(段原一詞監督)が謝罪会見を開く

段原一詞監督ら学校側が5月5日に記者会見を開きました。

記者会見では騒動を謝罪した生徒たちの動画は、段原監督が生徒に顔出し・実名で行う指示をしていた、ということでした。

記者会会見の内容をまとめると、

①第三者委員会設置は時間を要するという理由で及び腰
②他にも暴力案件があったことが確認されたが、詳細は明かさない
③脅迫、強要罪が疑われる段原監督の音声については曖昧な回答
④段原監督自身は続投する気満々(ありえない)

 

一連の騒動について段原監督は涙ながらに謝罪していますが、世間からは強く批判されています。

今後、監督業を続投するような発言をしていますが、学校側は慎重に今後の処分を検討するそうです。

追記5月10日:文春の取材に秀岳館校長が回答

熊本県八代市の私立秀岳館高校の運営する学校法人八商学園の理事長も務める中川靜也校長(91)が週刊文春の取材に答えました。

校長によると、段原監督を監督業から外すことは簡単だそうですが、教員として解雇するのは難しいとのこと。

「実は、内部的にはもう監督は替わっています。保護者からも『あの監督のもとではやれない』との声が相次ぎ、10数年やっているコーチに監督代行を頼んだ。段原はサッカー部から外します。ウソをつき、世間を騒がせたし、自己擁護が目立ちすぎる。本来は自分から身を引くのが筋です」

「監督を外すのは校内人事なので私の一存で決められるが、教員として解雇するのは難しい。当然、役職は全て外しますが、本人の暴行などは確認されておらず、解雇理由がない。本人も『解雇したら(不当解雇などの)裁判にかける』と」

監督本人は暴行行為を働いたわけではないので、教員として解雇する理由がなく難しいとのこと。

解雇すれば裁判にすると言われてしまっているようです。

秀岳館高サッカー部暴力動画 校長が激白「監督は『解雇したら裁判にかける』と」 | 文春オンライン
サッカー部コーチによる暴行事件が発覚した、熊本県八代市の私立秀岳館高校。同校を運営する学校法人八商学園の理事長も務める中川靜也校長(91)が、「週刊文春」の取材に応じ、監督を事実上、“更迭”しているこ…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました