栗原菜緒の結婚や経歴|川嶋舟の再婚相手?実家や外務省に勤務していた?

スポンサーリンク

今回はナオランジェリー社長の栗原菜緒さんについて取り上げます。

3月15日の女性自身の報道により、紀子様の弟である川嶋舟さんの再婚相手ではないかと話題になっていますね~

どのような経歴を持った女性なのでしょうか?

スポンサーリンク

栗原菜緒の結婚|川嶋舟の再婚相手?


栗原菜緒さんはTwitterにも2月12日に結婚したことをツイッターで報告していました。

女性自身の報道によると、

川嶋舟さんの再婚相手NさんのSNSには、《2月11日の紀元節に38歳に 今までの誕生日と違うのは、最愛のパートナーと共に、お互いの家族と過ごせたこと》と、喜ぶ気持ちが記されていたとありました。

ツイート内容も一致しているため、栗原菜緒さんと川嶋舟さんが結婚した可能性は高いです。

ちなみに再婚相手Nさんの特徴は、

 

再婚相手の特徴

業界で注目されているランジェリーブランドの社長
Nさん
38歳
学習院大学出身
外務省で働いていた
2012年にブランド立ち上げ
国内でのハンドメイドにこだわる品質の良い下着ブランド
雑誌やテレビなどメディアに露出多い
過去は銀座のクラブでホステスで働いていた経験もある

このようになっています。

栗原奈緒さんの経歴はどうなっているのでしょうか?

栗原菜緒の経歴|外務省に勤務していた?

名前:栗原 菜緒(くりはら なお)
生年月日:1984年2月11日
年齢:38歳
出身地:東京都
学歴:国府台女子学院高等部 → 学習院大学 法学部政治学科 卒業
職業:NAO LINGERIE(ナオランジェリー)のデザイナー
   for Grace㈱ 代表取締役

 

栗原さんが下着に興味を持ち始めたのは、中学2年生のときでした。

下着姿の自分を見て「きれいだな。」と思い、

それまで自分に自信が持てなかったのが、初めて自分を肯定することができて、
衝撃を受け、興味を持つようになりました。

しかし、当時はまだランジェリーデザイナーになることまでは考えていませんでした。

 

下着よりも政治に興味があったため、学習院大学法学部政治学科に入学し、
在学中にはアメリカのオレゴン大学に留学。

日米関係史を学び、外交官を目指します。

大学卒業後は外務省の非常勤公務員として働きながら、外交官の試験勉強に励んでいたのですが、職場で夢と現実のギャップに悩み、外交官になることは断念。

 

ワインとランジェリーが好きな栗原さんは、自分の好きなことを仕事にしようと思い、ワインの輸入会社で数か月働いた後、ランジェリーショップで働きました。

働いている中で、日本の下着はきつく、心から自信を持って売ることができないと思った栗原さんは、

「自分で下着ブランドを立ち上げよう。」と思い、今度はマーケティングを学ぶために会社を転々。

28歳のときには、イタリア・ミラノのファッションスクールに留学し、
デザインを学びました。

帰国して、29歳のときに、自身のブランド「NAO LINGERIE(ナオランジェリー)」を立ち上げました。

下着業界は新規参入が難しい業界で、最初は生産してくれる工場もなかなか見つからず、

断られてばかりだったので、取引してくれる縫製工場を見つけることも
一苦労だったようですが、

展示会や期間限定の出店を経て高評価を得た「ナオランジェリー」は、いまや日本橋高島屋でも常設販売されるほどのブランドになりました。

川嶋さんお再婚相手Nさんの経歴をほぼ一致していますね。

女性自身に掲載されていたNさんの姿とも似ている気がします。

栗原菜緒の実家

栗原菜緒の実家についてですが、『長男さえいればいい』という昔ながらの考えを持った家庭で、

父親の家族からあまり尊重されず

幼い頃は精神的に不安定になっていたそうです。

母方の家に預けられていた時期もあったとか。

ただ、結婚報告では『両親に産んでくれて有難う!』と書かれているので、今は家族仲は良好のようです。

 

栗原奈緒さんには兄がいますが、兄弟の仲は良好とのこと。

 

栗原菜緒の兄は飲食店などを経営する実業家

栗原菜緒さんの人脈の作り方にヒントを与えてくれた人でもあるそうです。

まとめ

栗原菜緒の兄や大学、外務省の経歴を捨てて

ランジェリーデザイナーになった理由などもみてきました!

 

栗原菜緒の兄は複数の飲食店を経営する実業家だそうです!

 

また、栗原菜緒は学習院大学で政治学専攻

外交官なるために就職はせず

 

外務省でアルバイトをするのですが

ここでは自分の夢や想いを叶えることは出来ないと

 

違う道に進むことを決断します。

 

そんな時、栗原菜緒の次の目標になったのは

中学生の時に自分を魅了したランジェリーでした!

 

機能性とデザインを追求した自分の理想の

ランジェリーを作ろうと考えた栗原菜緒は

 

マーケティングを学ぶためいくつかの

会社を転々として、イタリアに渡ります。

 

そこでデザインを学び、立ち上げたブランドが

『NAO LINGERIE(ナオランジェリー)』です!

 

今後は、NAO LINGERIEをさらに軌道に乗せ

 

他の2つの夢の実現のための仕事にも

携わろうと考えているそうです!

 

以上、栗原菜緒の兄や大学は?外務省の経歴を

捨てた理由がカッコイイ!についての記事でした~

 

広告

タイトルとURLをコピーしました