パクシウ(格闘技)の戦績は強い?身長やwiki経歴|インスタ・ツイッター

スポンサーリンク

今回は大晦日のRIZINに出場するパク・シウ選手についてとりあげます。

 

 

RIZINではRENA選手との対戦が予定されています。

いったいどのような選手なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

パクシウ(格闘技)の戦績は強い?身長


名前:パク・シウ(박시우)
出身地: 韓国
生年月日:1991年6月26日
年齢:30歳
身長:158cm
体重:50.0kg
所属:KRAZY BEE

 

パク・シウ選手はハム・ソヒと同じTEAM MADにかつて所属し、「ハム・ソヒの妹分」として知られたストライカー。バックボーンはテコンドーとキックボクシング。

2017年9月のROAD FCでMMAデビュー。

パク・ジョンウン相手に僅差の判定で敗れますが、試合内容は壮絶な打ち合いとなり、観客を沸かせて一気に名を挙げます。

 

2018年8月にDEEPに参戦し、富松恵美相手に完勝。

 

12月には韓国のローカルプロモーションでチェ・ジェと対戦し判定勝利を挙げます。

 

2019年6月にはREBELSに参戦し、ぱんちゃん璃奈に敗れるも、圧力で苦しめ判定まで持ち込んでいます。

 

 

19年12月のDEEPでは青野ひかるに圧勝。


2020年12月のDEEP JEWELSでは現在のDEEP女子ミクロ級、DEEP JEWELSアトム級の2冠王者である大島沙緒里に判定勝ちを収めます。

 

しかし、2021年3月から開催したアトム級GPでは、6月の準決勝での大島沙緒里との再戦し、

腕十字による一本負けで敗退。

 

2021年10月のDEEPでは超新星・伊澤星花と対戦。

強烈な打撃を見舞うもテイクダウンを許してしまい判定負けを喫し、2連敗となりました。

 

打撃が得意なストライカーで、打撃の他にも組み手などで対戦相手に圧力をかけていきます。

 


スポンサーリンク

パクシウ(格闘技)のwiki経歴

中学3年生から大学生1年生まで韓国の国技テコンドーを習い、大学卒業後にキックボクシングを始めます。

WAKOキックボクシングでチャンピオンに輝くなど韓国の女子キックボクシング界で有名になり、大学の先輩がいるTEAM MADに練習に行ったことがきっかけで総合格闘家に転身します。

出身は韓国ですが、日本語を勉強中とのこと。

こちらがパク選手のインスタになります。

凄い筋肉ですね~

インスタやツイッターを確認しましたが、結婚されている様子はありませんでした。

山本美憂さんは、お互いのトレーニングをし合うほどの仲の良さです。

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました